• ご来院のみなさまへ
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 病院について
  • 採用情報

ご来院のみなさまへ

病理診断科

スタッフ紹介

氏名
金井 伸行(かない のぶゆき)
役職
病理診断科部長
出身大学・卒業年
自治医科大学・昭和57年
専門分野
病理診断・医学教育
資格
医学博士
死体解剖資格、日本病理学会 認定病理専門医、日本臨床細胞学会 細胞診専門医・指導医、日本医学教育学会
患者さんへ
メッセージ
治療に最重要な指針となる病理診断をエビデンスに基づき正確かつ迅速に提供します。

科の紹介

治療に最重要な指針となる病理診断を、エビデンスに基づき、正確かつ迅速に提供しております。

基本方針

当院の病理診断科は常勤病理医1名と細胞検査士1名を含む臨床検査技師4名(細菌検査室兼務)で構成されています。
近年、臨床科の病理診断科への要望もより高度となり、1検体での組織標本数の増加、特殊染色、免疫染色も多くなり、コンパニオン診断といった、臓器、進行度組織型が同じ癌でも、より詳細な病理所見により、各個人で、テーラーメードの治療が行われるようになっています。そのため臨床科との連携は欠かせず、病院全体の医療の質の向上に病理診断科が果たす役割は大きくなっています。
病理解剖(剖検)は、当院では設備が整っていないため行っておらず、自治医大附属病院 病理診断部に依頼しています。しかし、自治医大非常勤講師として、当院症例には必ず関り、全例当院でCPCを行っています。
院内カンファランス、小山市医師会との合同のカンファランスにも積極的に参加し、病理医としての助言ができるように研鑽を積んでいます。
さらに、病理診断科というほぼすべての臓器に関する病気の診断の経験を活かし、当院や市内の医療機関の喫緊の課題である優秀な看護師の確保のため、複数の看護師専門学校の講師なども行っております。

  • 切り出し
  • 標本薄切
  • 検鏡

診療実績

平成29年度
病理組織診3,488件
細胞診4,701件
CPC
(病理解剖カンファランス)
2症例
  • 関連リンク
  • ご寄付のお願い
  • サイトマップ
  • 個人情報保護法
  • 各種お問い合わせ