• ご来院のみなさまへ
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 病院について
  • 採用情報

ご来院のみなさまへ

神経内科

スタッフ紹介

氏名
川上 忠孝(かわかみ ただたか)
役職
副院長・神経内科部長
出身大学・卒業年
自治医科大学・昭和60年
専門分野
神経内科全般、特にパーキンソン病関連疾患、認知症、経頭蓋的磁気刺激検査等
資格
医学博士
日本神経学会神経内科専門医・指導医・代議員、日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本臨床生理学会会員、神経治療学会会員、Movement Disorder Society(MDS)会員、Movement Disorder Society Japan(MDSJ)会員、神経感染症学会会員、自治医科大学医学部臨床教授(地域臨床教育センター)、身体障害者福祉法指定医、(肢体不自由・音声言語機能障害・そしゃく機能障害)、難病指定医、ボトックス治療(顔面・四肢痙縮など)
患者さんへ
メッセージ
神経内科領域の中でも、特にパーキンソン病及び関連疾患、認知症などを専門とし、ボトックス注による治療も行っております。このような疾患でお困りの方が気軽に受診でき、相談しやすい外来を心がけたいと思います。

氏名
鈴木 ひろみ(すずき ひろみ)
役職
神経内科副部長
出身大学・卒業年
東京女子医科大学・平成2年
専門分野
神経内科一般  特に脳卒中、頸動脈狭窄症、頸動脈エコー
資格
日本脳卒中学会 脳卒中専門医・評議員、日本神経学会 神経内科専門医・指導医、日本内科学会 総合内科専門医、日本脳神経超音波学会 評議員・脳神経超音波検査士、日本栓子検出と治療学会 評議員、難病指定医、自治医科大学医学部臨床教授(地域臨床教育センター)
患者さんへ
メッセージ
科学的根拠に基き、個々に最適な診療を行います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

氏名
岡田 俊一(おかだ しゅんいち)
役職
神経内科副部長・脳血管内治療科部長
出身大学・卒業年
鹿児島大学・平成9年
専門分野
脳血管障害急性期治療、急性期血行再建(カテーテル治療)、神経内科一般、脳循環代謝
資格
日本神経学会 神経内科専門医・指導医、日本脳卒中学会 専門医、日本脳神経血管内治療学会 専門医、日本内科学会 認定内科医、脳循環代謝学会会員、脳神経超音波学会会員、臨床研修指導医、OSCE評価者、難病指定医、ボトックス治療 施行医、身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
患者さんへ
メッセージ
卒後5年目に、国立循環器病センターのレジデントになり、以降“脳血管障害(脳卒中)急性期治療”の道を歩んできました。「小山の脳を守り、活かす」ため、微力ながら全力で働いていきたいと思っております。
24時間体制の救急医療と5人の男の子の子育ての両立も目指しています。
『やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ』
どうぞ、よろしくお願いいたします。

氏名
亀田 知明(かめだ ともあき)
役職
神経内科副部長・脳卒中センター長
出身大学・卒業年
埼玉医科大学・平成16年
専門分野
脳血管障害(脳卒中)
資格
日本内科学会認定内科医、日本神経学会神経内科専門医、日本脳卒中学会専門医、日本てんかん学会会員、日本神経救急学会会員、身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)、難病指定医
患者さんへ
メッセージ
少しでも早く、できるだけ多くの「脳」をレスキューするのが私の仕事です。

氏名
安藤 綾子(あんどう あやこ)
役職
神経内科医員
専門分野
神経内科
資格
日本内科学会認定総合内科専門医、日本神経学会神経内科専門医、ボツリヌス療法、ITB療法、難病指定医、身体障害者福祉法指定医、日本医師会認定産業医
患者さんへ
メッセージ
困っていることがあればお気軽にご相談ください。よろしくお願いします。

外来スケジュール

科名
神経内科(新患)岡田
 当番医

(新患)当番医
(もの忘れ・予約)
川上(第1,3,5週)
(もの忘れ・予約)
安藤(第2,4週)

(新患)川上
亀田(知)

(新患)鈴木(ひ)
(もの忘れ・予約)
川上
(もの忘れ・予約)
安藤

(新患)亀田(知)
(予約)直井(為)
川上川上
鈴木(ひ)
川上(予約)安藤
(予約)岡田

(表内水色部分)は、午後の部になります。

午前の部

<受付時間> 初診/午前8:30~11:00 再診/午前8:00~午後4:00

<診療時間> 午前8:45~午後0:30

午後の部

一部診療科を除き予約診療となります。

科の紹介

神経内科は、中枢神経系及び末梢神経系の異常による種々の疾患、および筋疾患等を扱う診療科です。
当院で扱う神経内科領域の代表的な疾患としては、脳血管障害(脳梗塞・脳出血)、パーキンソン病及び関連疾患・認知症等の神経変性疾患、多発性硬化症、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群などの末梢神経疾患、機能性疾患としてのてんかん・片側顔面けいれん・眼瞼けいれん・痙性斜頚・片頭痛などがあります。

基本方針

『小山近辺の脳を守る』を合い言葉に、当院脳外科とも協力し、基本的には24時間365日脳卒中患者を断ることなく受け入れることをモットーとしています。これにより、脳梗塞に関しては、t-PAに代表される発症後超早期からの迅速な治療・対応が出来るような体制をとっております。
外来部門では、専門外来として毎週木曜午前に『もの忘れ外来』を開設しています。アルツハイマー病を代表とする各種認知症の診断及び治療に対応いたします。

診療実績

 平成26年度平成27年度平成28年度
月延在院患者数9,85612,50712,734
新入院患者数471595666
退院患者数450602663
外来患者数(新患)1,6531,7191,564
外来患者数(再来)8,76710,25811,483
紹介率71.46%83.1%64.4%
逆紹介率103.1%113.0%89.1%
平成26年度
脳梗塞(TIA含む216人
(うちt-PA実施15人)
くも膜下出血17人
(うち開頭クリッピング術施術11人)
脳出血71人
(うち外科的治療(血腫除去)実施数5人)
もの忘れ外来受診患者数43名
  • 関連リンク
  • ご寄付のお願い
  • サイトマップ
  • 個人情報保護法
  • 各種お問い合わせ