• ご来院のみなさまへ
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 病院について
  • 採用情報

ご来院のみなさまへ

病院指標

病院指標とは

当院の診療実績について、指標とする項目を設け、データの集計値をまとめました。
病院の実績値を具体的な数値として示すことで、病院機能の可視化が図られ、客観的な評価が可能となります。
患者さんにも、各指標から当院の診療の特色をつかんでもらえたらと思います。
平成27年度からは、DPCデータによる病院指標として、全国統一の定義と形式に基づいたデータとなっております。
なお、当院では指標の公開にあたり、医療機関ホームページガイドラインを遵守しております。

病院指標

《平成27年度》※DPCデータによる全国統一の定義と形式に基づいた指標

平成27年度 地方独立行政法人 新小山市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
《平成26年度》※病院独自に導いた指標
  1. 年齢階層別退院患者数
  2. 診療科別主要疾患患者数(MDC6桁分類)
  3. 診療科別主要疾患患者数(ICD10コード分類別)
  4. がん主要5部位患者数統計(初発・再発、手術、化学療法)(MDC6桁分類)
  5. 成人市中肺炎の重症度別患者数
  6. 脳梗塞のICD10別患者数
  7. 診療科別主要手術件数 術前術後日数平均日数
  8. 播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症の発症率
《ICD-10》

WHOの制定する国際疾病分類のことで、傷病名を共通の分類方法を用いることにより比較活用できるような分類です。諸統計はこのICD-10に沿って作成するよう推奨されており、DPCの傷病名にも使用されています。

《MDC(Major Diagnostic category)》

主要診断群とも呼ばれる疾患分野で、DPCに用いられます。
本統計ではDPCにて決定された診断群のうち最初の6桁を使用して、疾病の傾向を見ています。

  • 関連リンク
  • ご寄付のお願い
  • サイトマップ
  • 個人情報保護法
  • 各種お問い合わせ