• ご来院のみなさまへ
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 病院について
  • 採用情報

ご来院のみなさまへ

看護部の理念・方針・目標

看護部理念

「患者さんによりそい、
人間味あふれる看護を行います」

患者さんが自分の家族、大切なお父さん、お母さん、お祖父さん、お祖母さんだったら、
あなたはどう看護しますか?
声をかけられたのに、忙しいからと後回しにしますか?
私たちは、専門職です。専門職だからこそひとつ一つの看護行為の中に根拠がなくてはいけません。
誰のために?患者さんの安全と安楽を守るためです。
資格を取得したら終わりではなく、看護師を続ける限り、日々自己研鑽が必要です。
看護師を選んだのは、強制されたのでなくあなた自身であると思います。
私達、看護師は 『心をこめて、看護させて頂く』 という姿勢に立ちたいものです。

                                    看護部長 折笠清美

看護部方針

  1. 心をこめた対応、思いやりを持った看護を行います。
  2. 安全に配慮し、根拠に基づいた看護を展開します。
  3. 看護専門職としての自覚と責任を持ち、成長し続けます。
  4. 他部門と協同(力と心をあわせて)し、病院経営に参画します。

平成30年度看護部ビジョン

病院の使命・目的・目標を受けて、新小山市民病院看護部職員としての自覚と帰属意識をもち、看護(介護)の面からも選ばれる病院をめざします

 平成30年度看護部目標


1.ナイチンゲール看護理論に基づいた看護を実践することができる

2.WLB最終年の集大成と、13時間以内の夜勤・PNS(パートナーシップ ナーシング システム)の導入
      による働きやすい環境の調整

3.患者の安全・安楽を守り、身体拘束(抑制)をしないために、各看護部職員(看護師・介護福祉士・
      看護補助者)がお互い尊重しあい協働する

4.患者を生活者としての視点で捉え、入院前から退院を見据えた看護を患者支援センターと協働していく

 

 

※詳しくは看護師採用サイトをご覧ください。
→看護師採用サイトへの外部リンクはこちら

  • 関連リンク
  • ご寄付のお願い
  • サイトマップ
  • 個人情報保護法
  • 各種お問い合わせ