• ご来院のみなさまへ
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 病院について
  • 採用情報

ご来院のみなさまへ

院内感染対策室

院内感染対策に関する取り組み事項

1. 院内感染対策に関する基本的な考え方について

● 新小山市民病院は、本院の理念に基づいた高度で良質な医療の提供を全うさせるため、全職員が患者様とよりよい信頼関係を構築し、施設内感染防止(安全管理体制の確保)に努めています。

● 院内感染の防止のために、感染症の未然の予防をはじめ、また発症時は速やかな対応による感染拡大の防止を行い、実践内容について評価をすることで、感染対策システムの構築に力を注いでいます。

 

2. 院内感染対策に関わる組織構成と機能について

● 院内感染防止対策委員会(ICC)の設置・・・最高決定機関
病院長をはじめとする各部門長19名から構成されており、感染対策の対策・方針を決定しています。
・定例開催1回/月(第4月曜日)
・臨時開催(随時)

● ICT(感染対策チーム)の設置・・・実働部隊
所属長の推薦を受け、自部署での感染対策を円滑に推進する役割を担い、他部署との連携強化も図り、院内ラウンドをはじめ、抗菌薬ラウンドや感染対策のグループ活動を行っています。
・定例会議 1回/月(第4木曜日)
・抗菌薬ラウンド 2回/月
・ICTラウンドおよびグループ活動(年間スケジュール表)

 

3. 院内感染対策のための職員研修会・教育について

● 全職員を対象に感染対策に関する研修会を2回/年開催しています。
当院では、会場(場所)・時間・対象者(人)内容等の諸問題を解決するために、平成26年度から2部制を導入しています。
研修会内容につきましては、感心・興味を持ってもらうために、感染症専門医でご高名な先生方に講演依頼を行っており、院外の医療機関へのご参加もいただいています。更に、当日参加できなかった職員のためにDVD研修を行うことで研修会参加率が85%と好評な結果が得られています。

● 入職者、看護部ラダー研修、委託業者から依頼時など積極的に教育を行っています。

4. 感染症の発生状況報告と対応について

● 院内感染対策室への報告
● 院内感染防止対策委員会(ICC)での報告
● 状況に応じ、委員会の臨時招集
● 院内マニュアルに沿い、発生時およびアウトブレイク対応を迅速に対応し事態の把握・情報共有・対応策の検討・結果と評価を行い早期に収束できるよう体制を整えています。
● ICニュース・院内PC掲示板への掲載による情報提供
● 行政との連携

 

ICTの1~5グループに編成されたチームが、現場で円滑な感染対策行動が実践できるよう感染対策上問題となる内容を提起・行動目標を立案し、グループ活動を展開しています。平成29年度は、「嘔吐物処理研修」と「手指衛生研修」を行いました。嘔吐物処理研修では、感染性胃腸炎(ノロウイルス)等を想定し、確実に嘔吐物を処理するために実際嘔吐物に見立てた疑似吐物を使用してリアルに実践しています。
また、手指衛生研修では、全ての医療従事者にとって感染対策の基本となっており、特殊ローションを塗布し、ブラックライトを当てることで洗い残しが可視化できるため適切な手洗いができるよう研修会を行いました。

 

新小山市民病院は

入院患者さんを感染から守るため、また

医療従事者自身を守るため

1人は皆のために・・・

皆は1人のために・・・

全職員で感染対策に取り組んでいます。

  

新型インフルエンザ実動訓練診察状況  県南健康福祉センターおよび関係者との打合せ

新型インフルエンザ実動訓練診察状況   県南健康福祉センターおよび関係者との打合せ


5. 入院患者さん・ご家族ご面会の方々への情報提供について

● 院内外の感染症の情報提供を行います。院内ポスター等の掲示物や病院ホームページ等に掲載し、広く一般公開します。
● 感染対策の意義、手洗い、マスク着用などについて院内に出入りする方々にご理解とご協力をお願いします。

6. その他

● 院内感染防止対策マニュアルは、エビデンスに基づき随時見直し・改訂を行います。
● 職員は、自らが感染源とならないために抗体価検査を勧奨しています。またインフルエンザ流行期にはインフルエンザワクチン接種を行っています。
● 院外との連携(関連施設)
・自治医科大学付属病院
・JCHOうつのみや病院
・石橋総合病院
・栃木地域感染制御コンソーティアム(TRICK)会員
・日本環境感染学会会員
・感染管理ネットワーク(ICNJ)学術学会員


室長 感染管理認定看護師
渡辺 明美

  • 関連リンク
  • ご寄付のお願い
  • サイトマップ
  • 個人情報保護法
  • 各種お問い合わせ