• ご来院のみなさまへ
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 病院について
  • 採用情報

ご来院のみなさまへ

自治医科大学・新おやま市民病院地域医療教育センター

目的

地域に基盤をおいた医学教育、研修医教育に関する研究を行うとともにその成果の普及を行い、地域の中核病院における「地域で医療人を育成し、地域に循環するシステム」を構築することを通じて、栃木県小山市の地域医療の向上に寄与することを目的とする。

スタッフ紹介

平成29年度スタッフ

三瀬 順一

小松 憲一

主たるテーマ

地域基盤型医学教育・研修医研修の充実を目的として「自治医科大学新おやま市民病院地域医療教育センター」(寄附講座の研究室)を設置し、「地域で医療人を育成し、地域に循環するシステム」のモデルを提示する。

主たる業務

自治医科大学医学生の地域基盤型医学教育

自治医科大学医学部4年生の臨床実習を新小山市民病院および協力医療機関で行います。

実習内容は外来診察実習、訪問診療実習等です。

地域医療マインドを持った初期研修医、後期研修医の育成

地域医療を担うことのできる初期研修医、後期研修医の育成を行います(研修医を募集中です)。

効果的な教育手法の研究・開発

地域医療教育を効果的に行うための手法を研究しています。

新小山市民病院の総合診療科において、非常勤医員の身分で診療業務

医学生の臨床実習期間中は医学生とともに、外来患者の診療を行っています。
医学生の臨床実習期間以外は、分担して内科・総合診療科外来で診療を行っています。
内科・総合診療科医師として入院診療を行っています(主治医として)。
当直業務等救急診療業務も行っています。

同一医療圏内の他病院、県、市、医師会、住民との連携構築

診療を通じた病診連携、病病連携を構築しています。
医学生の臨床実習を通じて、協力医療機関との連携を構築しています。
医師会との勉強会(ポットラックカンファレンス)に事務局として参加し、連携を構築しています。
小山の地域医療を考える市民会議に参加し、市や住民との連携を構築しています。

現在の教育・研修

学生教育(BSL:Bed Side Learning、臨床実習)

外来診療実習(医学部4年生)週4日 延べ8名
在宅診療実習(医学部4年生)週2日 4名
選択必修BSL(医学部5~6年生)4週間
拠点病院実習(医学部6年生)4週間

臨床研修

協力型臨床研修病院(平成16年3月~)
平成29年2月から、自治医科大学臨床研修の「地域外科研修(2か月)」、「地域医療研修(1か月)」を受け入れています。

後期研修

日本プライマリ・ケア学会認定家庭医療後期研修プログラムVer.2
「新小山市民病院総合医養成プログラム」

今後の教育・研修計画

学生教育(BSL:Bed Side Learning、臨床実習)

診療所実習(医学部4年生)

臨床研修

基幹型臨床研修病院

専門医研修

日本専門医機構 総合診療専門医 研修プログラム(2017年4月~)

診療実績

平成26年度 実習学生(自治医科大学医学部4年)数:延べ215人
平成26年度 協力患者数:315人以上

  • 関連リンク
  • ご寄付のお願い
  • サイトマップ
  • 個人情報保護法
  • 各種お問い合わせ