• ご来院のみなさまへ
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 病院について
  • 採用情報

ご来院のみなさまへ

入院案内について

手続きの流れ

入院の準備

健康保険証、その他の医療受給者証、診察券、印鑑、洗面用具、常用薬(現在使用している薬)、食事用具、スリッパ、寝巻き、上着、下着、タオル、ティッシュペーパー等をご用意ください。
貴重品は持ち込まないでください。盗難、紛失時には責任を負いかねます。

お支払いについて

末日を締切日として、一週間後を目安にご請求いたします。特別室、個室(A~C)の方は室料差額を別にお支払いください。

室料差額一覧表(一日ごとに下記の料金が追加されます)     消費税抜

特別室 25,000円
個室A 13,000円
個室B 10,000円
個室C 8,000円

 

入院期間が180日を超える場合の費用の徴収について

 

同じ症状による通算のご入院が180日を超えますと、患者さんの状態によっては健康保険からの入院基本料の15%が病院に支払われません。180日を超えた日からの入院が選定療養の対象となり、入院基本料の15%は特定療養費として患者さんのご負担となります。当院では、ご入院期間が180日を超えた日より、以下の金額が患者さんのご負担になります。

 

一般病棟入院基本料(急性期一般入院料1)・・・ 一日につき 2,480円(税抜)

 

※ただし、以下の状態にある患者さんは選定療養の対象とはなりませんので、特定療養費の徴収はいたしません。 
◎ 厚生労働大臣が定める難病に罹られている方
◎ 重症者病室に入院されている方
◎ 重度の肢体不自由者、重度の意識障害者(日常生活自立度ランクB以上)
◎ 脊髄損傷等の重度障害者
◎ 人工呼吸器を使用されている方
◎ 人工透析を週2回以上実施されている方(日常生活自立度ランクB以上)

<<この他にも選定療養から除外される条件があります。詳しくは医事課へお尋ねください。>>

 

なお、ご入院時に3ヶ月以上の入院履歴を確認させて頂いておりますが、これは入院期間の算定の方法が当院のみでなく、同じ症状による病気や怪我で入院されれば、他の医療機関での入院期間も通算されるためです。当院で180日に達しなくても、他の医療機関の入院期間を合算して180日を超えた場合には選定療養の対象となる場合があります。

 

DPC対象病院指定に伴う入院医療費計算方式の変更について

退院

退院日に請求書をお渡しいたします。支払窓口でお支払いください。

また、保証金の預り証をお持ちください。

  • 関連リンク
  • ご寄付のお願い
  • サイトマップ
  • 個人情報保護法
  • 各種お問い合わせ