活躍する先輩たち

先輩ナースの1日(日勤モデル紹介)

4A病棟 松本 智佳さん(入職年:平成24年)

8:30出勤

ペアのナースと共に、患者さんの一日の予定と医師の指示を確認し、情報収集を行います。
検査や手術の時間を考慮して、2人でスケジュールを立てます。 検査や手術の時間を考慮して、1日の行動のスケジュールを立てます。

9:00総括者からのコメント、病室ラウンド

総括者からの連絡事項伝達後、ベッドサイドにペアで訪室し、患者さんに挨拶をします。
その時、療養環境を整えることで患者さんの安全を守ります。 そして、立案した一日のスケジュールを患者さんに伝え、承諾を得ます。

9:30看護ケア

清潔ケアや処置を行います。患者さんに確認しながらペアで実施します。
記録もタイムリーにベッドサイドで実施します。このことで患者さんのそばにいる時間が長くなりました。

11:00リシャッフル

遅番者が出勤し、全員で業務の進行状況を確認し、調整します。 患者さんの状態に合わせてケアができているか、チームで確認をします。

12:00休憩

ペアが順番で休憩に入るので、休憩時間でも受け持ち看護師が不在になることはありません。 休憩室では、仲間とおしゃべりをし、楽しいランチタイムを過ごしています。

14:00検温

ペアでベッドサイドに行きます。
ひとりは患者さんと会話をしながらバイタルサインの測定や観察をし、もうひとりは電子カルテに入力します。
患者さんと三人でゆっくり会話できる大切な時間です。

15:30リシャッフル

全員で業務の進行状況を確認し、調整します。
残務となるものは遅番者に移譲します。

17:15勤務終了

遅番者に申し送りをして、今日の勤務は終了です。
PNS導入後は、ほぼ定時に勤務が終了しています。プライベートの時間も増えて、仕事もプライベートも充実しています。