• ご来院のみなさまへ
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 病院について
  • 採用情報

ご来院のみなさまへ

消化器内科・内視鏡科

スタッフ紹介

氏名
田野 茂夫(たの しげお)
役職
副院長・医療安全対策部長・消化器内科部長
出身大学・卒業年
山梨医科大学・昭和63年
専門分野
消化器内科全般、胆道疾患の内視鏡治療、肝胆膵疾患の超音波診断
資格
日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本超音波医学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本膵臓学会会員、身体障害者福祉法指定医、(肢体不自由・ぼうこう又は直腸機能障害・小腸機能障害・肝臓機能障害)、難病指定医
患者さんへ
メッセージ
患者さんの苦痛や心配事を、少しでも早く解決できるよう 心がけています。

氏名
日髙 康博(ひだか やすひろ)
役職
消化器内科副部長・内視鏡科部長
出身大学・卒業年
順天堂大学・平成15年
専門分野
消化器内科全般
資格
医学博士
日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
患者さんへ
メッセージ
両親・祖母の暮らす小山市の中核病院で働くことで、地域医療に少しでも貢献したいと考えております。よろしくお願いします。

氏名
所 晋之助(ところ しんのすけ)
役職
消化器内科医員
出身大学・卒業年
杏林大学・平成22年
専門分野
消化器の腫瘍や炎症性腸疾患
資格
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化管学会専門医、日本ヘリコバクター学会感染症認定医、身体障害者福祉法指定医(小腸機能障害、肝臓機能障害)、難病指定医
患者さんへ
メッセージ
生まれ育った小山の皆様の健康のため、誠心誠意尽力して参ります。

氏名
五家 里栄(ごか りえ)
役職
消化器内科医員
出身大学・卒業年
自治医科大学・平成22年
専門分野
消化器内科一般
資格
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会会員、日本肝臓学会会員、難病指定医
患者さんへ
メッセージ
病気だけでなく、自身やご家族、生活等、包括的な診療を心がけてまいります。よろしくお願いします。

氏名
関口 裕美(せきぐち ひろみ)
役職
消化器内科医員
出身大学・卒業年
獨協医科大学・平成27年
専門分野
消化器内科一般
資格
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会会員、日本消化器内視鏡学会会員、日本プライマリケア学会会員、日本医師会認定産業医
患者さんへ
メッセージ
一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします。

氏名
飯田 瑞穂(いいだ みずほ)
役職
消化器内科医員
出身大学・卒業年
北里大学・平成28年
専門分野
消化器内科一般
資格
日本内科学会会員、日本消化器病学会会員、日本消化器内視鏡学会会員
患者さんへ
メッセージ
一生懸命頑張ります。よろしくお願い致します。

外来スケジュール


科名
消化器内科 (新患)田野
(新患)飯田
(新患)五家 (新患)関口 (新患)所 (新患)日高
(予約)田野
飯田 五家
三浦(光)
関口 日高
田野

(表内水色部分)は、午後の部(すべて予約)になります。

午前の部

<受付時間> 初診/午前8:30~11:00 再診/午前9:00~午後0:00

<診療時間> 午前8:45~午後0:30

午後の部

予約診療  午後2:00~午後5:00

科の紹介

消化器内科は、腹部症状を有する患者さんを最初に担当する科です。腹部症状とは、腹痛、胃もたれ、胸焼け、吐き気、便秘、下痢等です。他に健診(検診)での肝機能障害や便潜血反応陽性等も対象となります。患者さん1人1人の症状・経過に応じて必要な検査を選択し、迅速で適確な診断・治療に努めています。
なお、当院は自治医科大学附属病院と連携し、病気の状態に応じて、適宜、自治医大への紹介や自治医大からの受け入れを行っています。

基本方針

地域中核病院としての責務を果たすべく、消化管から肝臓・胆道・膵臓疾患まで幅広く消化器疾患を有する患者さんを受け入れています。緊急処置を要する患者さんに対しては、時間外や夜間を問わず、積極的に対応しています。そして、状態の安定した患者さんについては自宅近くの医療機関に紹介(逆紹介)し、地域医療機関と密に連携して対応しています。患者さんに「この病院で診てもらって良かった」と言って頂けるような診療を心掛けています。

診療実績

平成26年3月内視鏡システムを更新しNBI(Narrow band Imaging)観察が可能となりました。更に、上部消化管内視鏡検査に際して拡大観察を積極的に行い、早期癌の発見に力を入れております。スコープも副送水機能の付いた最新機種を順次揃えており、上部消化管内視鏡検査では約7割、大腸内視鏡検査に至っては全ての患者さんに対して拡大観察が可能な環境となっています。治療内視鏡では早期癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)が軌道に乗ってきております。

検査および治療実績
  平成28年 平成29年 平成30年 平成31年
上部消化管内視鏡検査 2,931件 3,051件 3,280件 3,383件
大腸内視鏡検査 1,645件 1,557件 1,633件 1,692件
胆管膵管造影検査(ERCP) 163件 176件 162件 206件
治療内視鏡 食道静脈瘤治療(EVL) 13件 14件 17件 13件
消化管粘膜下層剥離術(ESD) 30件 39件 61件 56件
総胆管結石治療 79件 99件 82件 121件
胆管ステント留置術 47件 47件 55件 83件
消化管ステント留置術 17件 27件 14件 9件
C型慢性肝炎・代償性肝硬変に対する経口抗ウイルス薬治療 53例 48例 34例 22例
肝生検・膵生検 1例 2例 5例 4例
経皮的胆道ドレナージ 1例 6例 1例 2例
肝細胞癌に対する動脈塞栓術 21件 23件 16件 31件

なお、大腸ポリープに対するポリープ切除や粘膜切除術は適宜行っております(主に外来治療)
注意:件数は実際に行った数。例数は受けた患者数。
例)同一患者に年度内に3回検査を行った場合→1例、3件

各種統計
  平成29年度 平成30年度 平成31年度
月延在院患者数 7,947 7,673 8,064
新入院患者数 830 829 863
外来患者数(新患) 2,010 2,131 2,085
外来患者数(再来) 11,289 12,391 12,647
紹介率 83.6% 84.7% 84.5%
逆紹介率 63.9% 56.6% 64.0%

  • 関連リンク
  • ご寄付のお願い
  • サイトマップ
  • 個人情報保護法
  • 各種お問い合わせ