• ご来院のみなさまへ
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 病院について
  • 採用情報

ご来院のみなさまへ

概要・沿革

概要

開設者 地方独立行政法人新小山市民病院
理事長 島田 和幸
所在地 〒323-0827 栃木県小山市大字神鳥谷2251番地1
診療科目 内科・総合診療科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、心臓血管外科、糖尿病・代謝内科、腎臓内科、神経内科、脳血管内治療科、脳神経外科、外科、形成外科、婦人科、整形外科、眼科、小児科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、麻酔科、救急科、リハビリテーション科、放射線科、アレルギー・リウマチ科
許可病床数 300床
指定医療
告示種別
保健医療機関
救急告示病院指定(昭和39年8月指定)
二次救急医療業務(昭和53年5月開始)
栃木県がん治療中核病院(平成24年11月指定)
在宅療養後方支援病院(平成26年7月届出)
地域医療支援病院(平成27年5月承認)
栃木県脳卒中地域拠点医療機関(平成29年8月24日指定)
栃木県DMAT指定病院(令和2年4月1日指定)
DPC対象病院
労災指定医療機関
生活保護法指定医療機関
被爆者一般疾病医療機関指定
肝疾患に関する専門医療機関
結核指定医療機関
指定自立支援医療機関(精神通院医療・育成医療・更生医療)
神経難病医療ネットワーク推進事業基幹病院
福島原発事故における15歳以下の小児健診の指定医療機関
難病の患者に対する医療等に関する法律
              第14条第1項の規定による指定医療機関
児童福祉法第19条の9第1項の規定による指定小児慢性特定疾病医療機関
臨床研修及び
関連学会認定
施設種別
協力型臨床研修病院(平成16年3月指定)
公益財団法人日本病院機能評価機構病院機能評価認定
(初回認定:平成27年10月2日)
日本内科学会認定教育関連病院
日本乳癌学会関連施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本透析医学会教育関連施設認定(自治医科大学附属病院)
日本神経学会教育施設
日本循環器学会循環器専門医研修施設
日本麻酔科学会麻酔科認定病院
日本乳がん検診精度管理中央機構認定マンモグラフィ検診施設画像認定施設
日本静脈経腸栄養学会NST稼働認定施設
日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(新生児)暫定補完認定施設
日本腎臓学会研修施設
日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会指導連携施設(自治医科大学付属病院)
日本肝臓学会関連施設(自治医科大学付属病院)
日本脳卒中学会研修教育病院
日本糖尿病学会認定教育施設
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定インプラント実施施設
日本糖尿病学会認定教育施設Ⅰ                   日本心血管インターベンション治療学会研修施設
東京大学医学部附属病院医療連携登録施設
自治医科大学附属病院地域連携協力施設
獨協医科大学病院医療連携協力施設
栃木県立がんセンター医療連携施設
古河赤十字病院連携医療機関
小山歯科衛生士専門学校医療事故時協力病院
実習病院指定 薬学教育協議会認定薬学生実務実習受入施設
晃陽看護栄養専門学校看護学科実習施設
マロニエ医療福祉専門学校看護学部看護学科実習施設
国際ティビィシィ看護専門学校看護学科実習施設

施設基準届出状況 (令和2年10月1日現在)

基本診療料の施設基準
急性期一般入院料1
救急医療管理加算
超急性期脳卒中加算
診療録管理体制加算1
医師事務作業補助体制加算1(15対1)
急性期看護補助体制加算(25対1看護補助5割以上)
急性期看護補助体制加算(夜間100対1)
急性期看護補助体制加算(夜間看護体制加算)
看護職員夜間12対1 配置加算1
療養環境加算
重症者等療養環境特別加算
栄養サポートチーム加算
医療安全対策加算1
医療安全対策地域連携加算1
感染防止対策加算1
感染防止対策地域連携加算
抗菌薬適正使用支援加算
患者サポート体制充実加算
褥瘡ハイリスク患者ケア加算
総合評価加算
呼吸器ケアチーム加算
後発医薬品使用体制加算1
病棟薬剤業務実施加算1
データ提出加算2
入退院支援加算1
入院時支援加算
認知症ケア加算1
せん妄ハイリスク患者ケア加算
地域医療体制確保加算
ハイケアユニット入院医療管理料1
脳卒中ケアユニット入院医療管理料
小児入院医療管理料4
地域包括ケア病棟入院料2
看護職員配置加算
看護補助者配置加算
特掲診療料の施設基準
外来栄養食事指導料の注2
がん性疼痛緩和指導管理料
がん患者指導管理料イ・ロ
院内トリアージ実施料
夜間休日救急搬送医学管理料の注3に
掲げる救急搬送看護体制加算
救急搬送看護体制加算
ニコチン依存症管理料
がん治療連携指導料
薬剤管理指導料
検査・画像情報提供加算及び
電子的診断情報評価料
医療機器安全管理料1
在宅患者訪問看護・指導料
在宅療養後方支援病院
(在宅患者緊急入院診療加算)
在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料の注2に
掲げる遠隔モニタリング加算
持続血糖測定器加算及び
皮下連続式グルコース測定
HPV核酸検出及びHPV核酸検出
(簡易ジェノタイプ判定)
検体検査管理加算(Ⅰ)・(Ⅳ)
時間内歩行試験及び
シャトルウォーキングテスト
ヘッドアップティルト試験
長期継続頭蓋内脳波検査
神経学的検査
小児食物アレルギー負荷検査
内服・点滴誘発試験
CT撮影及びMRI撮影
冠動脈CT撮影加算
大腸CT撮影加算
心臓MRI撮影加算
画像診断管理加算1
抗悪性腫瘍剤処方管理加算
外来化学療法加算1
無菌製剤処理料
心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
及び初期加算
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
及び初期加算
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
及び初期加算
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
及び初期加算
がん患者リハビリテーション料
摂食機能療法の注3に掲げる摂食嚥下支援加算
エタノール局所注入(甲状腺)
人工腎臓
導入期加算1
透析液水質確保加算
下肢末梢動脈疾患指導管理加算
脊髄刺激装置植込術又は脊髄刺激装置交換術
組織拡張器による再建術
(乳房(再建手術)の場合に限る。)
脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)
及び脳刺激装置交換術
乳がんセンチネルリンパ節加算2及びセンチネルリ
ンパ節生検(単独)
ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術
(乳房切除後)
経皮的冠動脈形成術
(特殊カテーテルによるもの)
ペースメーカー移植術、ペースメーカー交換術
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換
術(リードレスペースメーカー)
両心室ペースメーカー移植術(経静脈電極の場
合)及び両心ペースメーカー交換術(経静脈電極の場合)

植込型除細動器移植術(経静脈リードを用いるもの又は皮下埋込リードを用いるもの)、
植込型除細動器交換術(その他のもの)及び経静脈電極抜去術

大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
医科点数表第2章第10部手術通則第16号に掲げる手術(胃瘻造設術)
体外衝撃波胆石破砕術
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
輸血管理料Ⅰ 
輸血適正使用加算
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
胃瘻造設時嚥下機能評価加算
麻酔管理料Ⅰ
病理診断管理加算Ⅰ
療坦規則の厚生大臣が定める掲載事項
入院時食事療養(Ⅰ)

病院の沿革

昭和21年 小山町国民健康保険直営診療所として開設〔24床〕
昭和25年 小山町国民健康保険病院に改称
〔一般24床、結核14床 計38床〕
昭和43年 小山市立病院に改称
〔一般51床、結核24床、伝染24床 計99床〕
昭和45年 外来診療棟、管理棟、病棟を増改築
〔北病棟新築事業〕
〔一般98床、結核12床、伝染24床 計134床〕
昭和55年 下都賀郡市医師会病院と合併、小山市民病院と改称
〔総計356床〕
本院〔一般98床、結核12床、伝染24床 計134床〕
分院〔一般222床〕
昭和55年 改編成する〔総計352床〕
昭和57年 中病棟及び検査棟新築、北病棟増改築
〔第1期整備事業〕〔総計352床〕
本院〔一般212床、結核8床、伝染24床 計244床〕
分院〔一般108床〕
昭和58年 分院休止(昭和63年廃止)
〔一般212床、結核8床 計220床〕
昭和60年 総合病院となる
〔一般244床、結核8床 計252床〕
昭和63年 南病棟の新築(病棟、ICU、心臓カテーテル検査室)
〔第2期整備事業〕
〔一般322床、人間ドック12床、結核8床、伝染10床
 計352床〕
平成2年 南4階病棟 32床 休床〔平成4年11月再開〕
平成7年 城南高校病院実習棟の建築
平成8年 MRIの導入及び外来採血室
医療相談室の新築
結核病床の一般病床への転床
〔一般330床、人間ドック12床、伝染10床
 計352床〕
理学療法科をリハビリテーション科へ名称変更
平成9年 院外処方箋発行開始
平成11年 伝染病床を感染症棟へ転床
〔一般330床、人間ドック12床、感染症棟8床
 計350床〕
平成12年 感染症棟(10床)〔計352床〕
平成14年 オーダリングシステム導入 救急科新設
平成15年 感染病床(6床)
〔一般330床、人間ドック12床、感染症棟6床
 計348床〕
平成16年 地域医療連携室を開設
感染症指定辞退
健診センター(日帰り人間ドック)設置(人間ドック12床を一般病床へ転床)
院内物流管理(SPD)運用開始
〔一般342床 計342床〕
平成17年 市民病院ホームページ開設
平成18年 外来点滴センター開設(10月)
MRI(磁気共鳴断層撮影装置)更新(10月)
平成19年 CT(コンピュータ断層撮影装置)更新(8月)
平成20年 神経内科を標榜、医療安全管理室を設置
外来点滴センターを外来化学療法センターに名称変更
平成21年 地域医療連携室を医療連携相談室に改編
栄養管理室を診療部に設置
オーダリングシステム更新
平成22年 注射オーダー・調剤・PACSシステム導入
小山市民病院建設準備室を設置
平成23年 画像レポート・診療情報管理システム導入
診療情報管理室を設置
平成24年 市民病院建設準備室を市民病院建設室に改編
平成25年 経営形態を地方独立行政法人へ移行
新小山市民病院に改称
平成26年 DPC対象病院指定
自治医科大学新おやま市民病院地域医療教育センターを設置
地域医療連携部を患者支援センターに改編
医療連携相談室を医療連携相談室と入退院支援室に
改編
地域包括ケア病棟を設置
〔一般294床【うち稼働257床】、地域包括ケア48床 計342床【うち稼働305床】 〕
ハイケアユニット入院医療管理料2算定開始
〔一般287床【うち稼働250床】、HCU7床、地域包括ケア48床 計342床【うち稼働305床】 〕
平成27年 患者支援センターを医療連携室、医療相談室、入退院支援室に組織改編
地域医療支援病院の名称使用承認
公益財団法人日本医療機能評価機構
病院機能評価認定
新病院完成
平成28年 新病院移転開院
〔一般241床【うち稼働212床】ICU4床 HCU8床 SCU3床 地域包括ケア44床 計300床【うち稼働
 271床】〕
脳卒中センターを設置
小山市近郊地域医療連携協議会が発足(14病院)
平成29年

内分泌・代謝内科を糖尿病・代謝内科に名称変更
病理診断科を標榜
診療部に脳血管内治療科を設置
病理診断管理加算1を届出
組織拡張器による再建術(乳房(再建手術)の場合に限る。)、ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)、小児入院医療管理料4を届出
病棟薬剤業務開始
医療安全対策部に医療保安室を設置
診療部に医療クラーク室、緩和ケア準備室を設置
小山市ワーク・ライフ・バランス推進事業者に認定
病棟薬剤業務実施加算1を届出
経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)を辞退
院内売店がリニューアル(セーブオンからローソンへ)

平成30年

患者支援センターに病床管理室、地域サービス推進室を設置
A病棟(29)開棟し、300床フルオープン
 〔一般241床 HCU12床 SCU3床 地域包括ケア44床 計300床〕
人間ドック健診施設機能評価(公益社団法人日本人間ドック学会)施設認定

令和2年

栃木県DMAT指定病院に指定

昭和21年旧舎

昭和42年全景

昭和45年北棟新築

昭和45年北棟待合室

昭和57年中病棟

昭和57年血管造影室

昭和63年空撮

平成元年会計

平成26年地域医療教育センター

新小山市民病院ふれあいまつり

平成28年新病院移転開院

  • 関連リンク
  • ご寄付のお願い
  • サイトマップ
  • 個人情報保護法
  • 各種お問い合わせ