• ご来院のみなさまへ
  • 診療科・部門のご紹介
  • 医療関係者のみなさまへ
  • 病院について
  • 採用情報

ご来院のみなさまへ

おくすり百科紹介

第1回:小児へののませ方

1.粉ぐすりの場合

水に溶けない粉ぐすりは、指をきれいに洗って、少量の水やハチミツ(1歳以上)などでだんご状にして、子供の上あごやほほの内側にぬりつけます。その後、水,ジュースなどをのませます。

水に溶ける粉ぐすりは(ドライシロップなど)、ほとんどが 甘い味がついているので、1回分をそのままなめさせるか、のみきれる量の水やジュースに溶かしてのませます。

※注意
ミルクには溶かさないで下さい。 (ミルクの味をかえて、その後ミルクだけでのまなくなることがあります。)

2.水くすりの場合

容器をよくふっておくすりをまぜ、1回分をスプーンなどの小さな入れ物に取りわけてのませます。スポイドを使ってもかまいませんが、後よく洗って下さい。

3.味がわるくてのめないとき

水ぐすりも粉ぐすりも、砂糖、ハチミツ、ジュースなどにくわえたり、ジゃムやチョコレートにねりこんでビスケットなどといっしょに与えたり、シャーベットにしたりして工夫して与えて下さい。 ※注意 スポーツドリンクやジュースに混ぜると,かえって苦くなる(クラリスドライシロップ・フロモックス小児用細粒・エリスロシンドライシロップ・ジスロマック細粒小児用)ものもあります。

4.時間毎のくすりは

子供が病気のときは、安静が第一です。眠っている子供を起こしてまでのませることは、ありません。眠っている時間にかからないように、起きたときから眠るまでの時間をなるべく均等に分けてのませて下さい。

第2回:小児の解熱剤の使い方

1.解熱剤は,どのような時に使ったらよいのでしょうか?

当病院には、のみぐすりと,坐薬(おしりから入れるくすり)が あります。どちらも熱が、38.5℃以上になったら使って下さい。
むやみに使うのではなく,先生の指示にしたがってお子様の様子をみながら使って下さい。(高熱で機嫌が悪く食欲がない子供や,熱性けいれんを起こしやすい子供など)

2.熱が下がらなかった時は、どのくらい時間をあけて2回目を使ったらよいでしょうか?

4~6時間あけて使って下さい。 普通、薬の効果は30分くらいからあらわれてきますが、人によって1~2時間たっても熱が下がらない場合もあります。 このような人でも体の中には薬がはいっているわけですから、それに追加して使うと大量の薬がはいって副作用を起こしやすくしてしまいます。 ですから、最初にのんだ薬が充分に体の外にでるまで時間をあけて使って下さい。

・シロップは、1回1目盛りをよくふってのませて下さい。
・粉薬は,そのまま,又はお子さんの好きなものに混ぜて飲ませてください。
・坐薬は、1回に指示された個数をおしりから入れて下さい。

(1)薬の包装をとる。
(2)仰向けにねかせて膝を胸の方に曲げる。
(3)丸い方を先にしておしりに入れる。(すべりにくい時は水・ぬるま湯・オリーブオイルなどでぬらす。)
(4)しばらくの間横になって坐薬が溶けるようにする。

熱があっても元気があり、意識も正常で水分や食物がとれれば緊急を要さないことが多いと思われます。 そのような時は、落ち着いて、お母様にできることをしてあげて下さい。

第3回:点眼薬・眼軟膏の使い方

目薬は黒目の真中に落とさなくちゃ・・・なんて考えていませんか?

使い方
点眼液(一般にめぐすりと言われるもの)

(1)手を洗う。
(2)上を向いて眼を開き、下まぶたを静かに引く。
(3)点眼ビンの先が眼にふれないように眼に近づける。
(4)下まぶたに1、,滴おとす。
(5)眼を閉じる。(こすらない)
(6)目頭を指で1、2分おさえる。

目薬は涙の流れと同様に眼の表面(角膜・結膜)から涙点→涙嚢→鼻涙管→鼻~喉に流れていきます。目頭を押さえたほうが効果的であり、全身への影響も少ないと言えます。

眼軟膏(薬の効果を長く、また目のまわりに使う。)

(1)手を洗う。
(2)上を向いて眼を開き、下まぶたを静かに引く。
(3)もう一方の手でチューブをもち、先が眼にふれないように眼に近づける。
(4)下まぶたの裏側の赤い部分に軟膏の先を近づけゆっくり1cmくらいしぼりだす。
(5)眼を閉じる。(こすらない)
(6)眼の回りの余分な軟膏をティッシュでふき取る。

注意
2種類以上の点眼液をつける場合

(1)つける順序は?……特に医師からの指示がない限りどちらからでも構いません。眼軟膏は最後です。
(2)間をあける時間は?……5分(最低でも2~3分)

冷所保存の点眼薬の携帯は?

持ち歩きにはさしつかえありませんが、必要ないときには冷蔵庫に入れておいて下さい。

コンタクトレンズをつけている時の点眼は?

点眼液を使用するということは、眼が病的状態にあることを考えて下さい。それでも、コンタクトレンズをつけないと日常生活に支障をきたす場合……

(1)ハードコンタクトレンズ異常を感じない限りつけて結構です。
(2)ソフトコンタクトレンズ医師に相談して下さい。

第4回:点耳薬・点鼻薬の使い方

普段は気が付かないのに、いざ病気になると非常に不便を感じる器官に耳や鼻があります。いつも健全に保ちたいものです。

1.点耳液(耳の中の消炎・殺菌・耳あかの軟化などに使います。)

(1)手を洗う。
(2)容器を2~3分手に持って人肌まで温める。
※冷たいまま点耳すると,「めまい」を起こす事があります。
(3)耳する耳が上を向くように、頭を傾けるか横向きに寝る。
(4)耳たぶを後ろに引っ張る。
(5)耳の中に指示された滴数を入れる。
(6)その後、5分位同じ姿勢でいる。
(7)頭をもどし、流れ出た液をふきとる。

※注意
自分で出来ない方は、他の人にさしてもらって下さい。慣れると自分でも出来るようになります。もし、めまいがしたら、楽な姿勢で休んでいて下さい。すぐおさまります。

2.点鼻液(鼻腔の消炎・殺菌・収れんなどに使います。)

(1)鼻を軽くかみ,出来るだけ鼻の通りを良くする。
(2)いすにすわり頭を後ろに傾けるか、仰向けに寝て頭が後ろに傾くように肩の下に枕をおく。
(3)鼻内に指示された滴数を入れる。
(4)その後5~10分位同じ姿勢でいる。

3.鼻用噴霧液(鼻腔の消炎・殺菌・収れんなどに使います。)

(1)を軽くかむ。頭を少し後ろに傾けまっすぐ座る。
(2)容器の先端を鼻内に入れ横を強く押し、鼻から軽く息を吸い込みながら噴霧する。
(3)お薬を鼻の奥まで広く行き渡らせる為に、頭を後ろに傾けたまま,数秒間鼻で静かに呼吸する。

4.軟膏

綿棒に少量の軟膏をつけ、患部に塗布する。

※注意
点鼻液や噴霧液は使用後、その都度先を洗って下さい。特別な使用方法の薬剤については、それぞれに使用書がついています。良く読んで使って下さい。

第5回:ぬりぐすりの使い方

ぬりぐすりは、同じ成分を含んでいても、皮膚の状態や部位によって使い分けられます。
・軟膏・クリーム~患部が湿っているか、乾いているかにより使い分ける。
・ローション~頭など主に有毛部に使用
・スプレー~広範囲な部分に使用

使い方

(1)きれいに洗う。
(2)チューブのふたをとる。(口のあいていないものはキャップの先端で穴を開ける。)

(3)患部を清潔にする。(前につけたお薬は、静かにふきとるか、水で静かに洗い、清潔なタオルで軽くたたき水分をとる。)
(4)少量のお薬を患部につけ、軽くのばす。(多くつければ、よくきくわけではありません。)

薬効別の使い方

(1)副腎皮質ホルモン外用剤~湿疹・皮膚炎その他広く用いられる。

デルモベート、アンテベート、ネリゾナ、トプシム、リンデロン、リドメックス、プロパデルム、ロコイド、キンダベートなど

1日2回(あさ・よる)
ひどい時3回(あさ・ひる・よる)

(2)非ステロイド性消炎鎮痛剤~湿疹・皮膚炎その他広く用いられる

アンダーム、スタデルム

1日1~2回(あさ・よる)、1回~よる

(3)抗真菌剤~水虫など白癬菌によっておこる皮膚病に用いる。

ハイアラージン、マイコスポール、ニゾラールオキナゾール、ラミシール、エンペシド

1日2回(あさ・よる)
マイコスポール、ニゾラール、オキナゾールラミシールは1回※ケラチナミンと一緒に出ている時~抗真菌剤を先につける。
(4)化膿性疾患用剤~化膿をとめる。

クロマイP、ゲンタシン、ゲーベン

1日2~3回(あさ・よる、あさ・ひる・よる)

※注意!
いずれの場合も、しろうと判断はせず、医師の指示に従って使用して下さい。 副腎皮質ステロイド剤などは、乱用すると皮膚が感染しやすくなったりします。

第6回:薬の服用時間

お薬は、決められた量を正しくのんで初めて効果が現れます。
お薬の袋に、食後、食前などののみ方が、書かれてありますが、これは、薬の効果や生活習慣にあわせて決められてあります。

A.食後30分→大部分のお薬がこののみ方です。

食事をして30分ぐらいまでにのんで下さい。面倒でしたら、食事をしてすぐのんでも結構です。


(1)食事が生活の区切りとなるので、この時にのめば、のみ忘れを防ぐことが出来る。ゆえに食事をとらなかった場合でも、その時間の頃にお薬をのんで下さい。
(2)胃腸障害を防ぐため食物がはいっていると、これらが胃を保護します。ゆえに食事をとらなかった場合、お菓子など軽く胃腸に食物を入れると良いでしょう。

B.食前30分→食事の30分くらい前にのんで下さい。

薬~下痢止め、吐き気止め、漢方薬や食物により吸収が悪くなるお薬などです。

※注!
食前にのみ忘れたら食後でも結構です。

C. 食直前→食事をする直前にのんで下さい。

薬~糖尿病の薬でごはん・パン等の食べ物と混ざり合って効く薬(グルコバイ,ベイスン)

※注!
食直前に忘れたら、食事の途中にのんで下さい。

D.食後2時間(食間)→食事と食事の間

おなかのすいているときのみます。 薬~漢方薬(吸収を良くする)、胃薬

E.時間毎→指定された間隔でのんで下さい。

薬~抗生物質や喘息の薬など、体内で一定の濃度を保っておいたほうが良いもの

※注!
病気をなおすためには、安眠・休養が必要です。眠っている時間にかからないように、多少時間 をずらしても結構です。

F.ねる前→床につくおよそ30分前にのみます。

薬~便秘薬、催眠剤、夜間の発作を予防する薬など

※注!
横になったまま薬をのんでは、いけません。薬が胃までおちないことがあります。
G.頓服薬→症状を一時的に改善する薬です。
痛いとき、眠れないときなどその症状がでた時にのんで下さい。通常医師がのみ方を指示しますので、良く守っておのみ下さい。

最後に・・
お薬は、のまなければききません。たとえ食事はしなくても指定された回数はのんで下さい。

※注!
糖尿病のお薬は、食事によって上がった血糖を下げます。もし食事ができない時は、医師にご相談下さい。

第7回:シップ剤の使い方・保存法

1.シップ剤の種類

(1)冷シップ
冷やすことにより、痛みや炎症をとり除きます。
例えば~ねんざ、打撲等
(2)温シップ
温めて、血行をよくすることにより、痛みや炎症をとり除きます。
例えば~リウマチ性疾患、肩こり、腰痛等
(3)特殊シップ
消炎鎮痛剤を含んでいて、慢性の痛みや炎症をとり除きます。
例えば~腰痛、膝関節痛等

2.使い方

(1)1日何回くらい、又、いつ貼り替えたらよいでしょうか。
A:1日1~2回くらいが適当でしょう。
汗をかいていたり、ぬれている時は、よくふきとってから貼って下さい。又、お風呂上がりに貼ると、血管が拡 張していますので、吸収が良く効果的です。 しかし、皮膚の弱い人には刺激が強すぎて、赤くなったりすることがありますので、注意して下さい。
温シップの場合は、はがしてすぐお風呂に入ると、ヒリヒリします。お風呂に入る1時間くらい前にははがすようにして下さい。

(2)皮膚がかゆくなったり、ヒリヒリする時には、どうしたらよいでしょうか。
A:使用を中止して、医師に相談して下さい。

(3)次のような場合には使用しないで下さい。
以前に過敏症(発赤、発疹、腫張など)がひどかった人。粘膜や傷がある場合。湿疹や発疹ができている場合

3.保存上の注意

残ったお薬は、袋にもどし、チャックをしめるか、口を折って密封し、直射日光と高温の場所を避けて、冷所に保存して下さい。保存条件が良ければ、当分使用できます。しかし、シップ剤は、乾燥してしまいますと、効果が期待できませんので、使用しないで下さい。

シップ剤の貼り方

第8回:坐薬の使い方

1.坐薬とは・・・
肛門に入れる固形の薬で、肛門に入れると、体温で溶けたり、軟らかくなったり、分泌液で溶けたりして効果を現す薬です。

(1)種類
便秘や痔の治療のように、そこに長くとどまって治すことを目的としたものと、解熱鎮痛剤や抗生物質のように、直腸の粘膜から吸収されて、全身に効果を現すものとがあります。

(2)特徴
のみ薬に比べて吸収が早く、胃や肝臓を通らないで直接血液に入っていくので、胃腸障害や肝臓に対する副作用が少なくなっています。又、味や匂いが悪くてのみにくい薬をのむ時や、小児が吐き出してしまう時、寝ている時などでも与える事ができ、便利です。

2.使い方

(1)坐薬の後部をつまみ、先の尖った方から、肛門内に挿入して下さい。

(2)中腰でお腹に力を入れないようにし、肛門内に十分さし込んだ後、立ち上がると簡単に挿入できます。

※注意!
薬が入りにくい場合は、先を少量の水で濡らすか、薬が少し溶け始めるまで、肛門にしばらくあててから入れて下さい。

3.こんな時は・・?

(1)薬を1回1/2、あるいは2/3使用する場合
薬は包装のまま清潔なナイフで切って下さい。
左の図のように、斜線部分を切り捨て、上部を使用して下さい。

(2)熱剤と吐き気止めの坐薬を一緒に使う場合
一度に挿入しても効果には変わりありませんが、刺激で排便をもよおし、せっかく入れた薬が出てしまう事もありますので、時間をずらした方が良いでしょう。 30分もすれば溶けて吸収が始まり、1時間もすれば完全に吸収されますので、30分~1時間位おいて使用すると良いでしょう。

4.その他の注意

・のみ込んだり、口の中に入れたりしないで下さい。
・できるだけ冷暗所(冷蔵庫など)に保管して下さい。
・挿入してしばらくして、油のような排泄物が出る事がありますが、それは基剤の溶けたものですから心配はいりません。

  • 関連リンク
  • ご寄付のお願い
  • サイトマップ
  • 個人情報保護法
  • 各種お問い合わせ